アプリと同期することで車が進化する

車の中で快適で退屈ではないカーライフを過ごすのは、すべてのドライバーにとって永遠のテーマです。

長距離を運転していたり、渋滞に巻き込まれてしまった場合はストレスをため込まないためにも一種の息抜きの手段が必要です。

ロケットニュース24が今、話題になっています。

従来の場合ならドライブ用のCDやラジオをかけるくらいでしたが、スマートフォンとの同期が可能になったことで今までの社内での過ごし方に革命的な変化が起ころうとしています。
外国車メーカー中心の動きですから、国内ではまだ先のことになりそうですが、すでにスマートフォンとの連動や動機が出来る車種を登場させることができるようにとの動きは始まっています。



スマートフォンンメーカーと業務提携したメーカーの製造した車に搭載されている液晶画面をスマートフォンと同期させる仕組みです。

つまり、社内の液晶を操作することで自分のスマートフォンにインストールしてあるアプリを操作可能になるのです。海外ではテレビよりもインターネットでテレビ番組を時間に縛られずにスマートフォンのアプリから見るスタイルに移行していますし、各配信サイトもオリジナルのドラマなどを配信して作品的にも高い評価を受けています。

ネットの映像配信サービスを車の中でも視聴可能になるのは革新的でしょう。

音楽やゲームアプリなどを車の中で利用するのも可能です。


特に自分のスマートフォンに入っている音楽を車の高性能オーディオで聞くのはドライブを爽快にしてくれます。

今、話題のGoogleMapsAPIに有効な情報の紹介です。