伊能忠敬の実績と今日の地図検索

地図は現代社会での生活には必要不可欠な道具です。

かつて、日本の国では伊能忠敬という人が全国各地を旅しました。

単純に旅をしただけではなく、当日としては画期的な日本列島の地図をアナログ的な手法で見事に作成しました。

それもまた日本列島全体を描写しただけではなく、現代社会でも通用する程の正確さを誇っていました。

当日から測量に関する技術と道具は普及していましたが、実際にそれを個人で活用し、各地を実際に測量する事は至難の業であり、まさに人生をかけた大事業だったのです。

伊能忠敬はそういった偉業を成し遂げたため、私達が利用する教科書にはもれなく掲載されています。

GoogleMapsAPI情報をピックアップしたサイトです。

彼の偉業は日本人のみならず、今では世界の人々も知っており、誇るべき日本の偉人の一人となりました。


翻って現代では人がわざわざ徒歩で測量する必要はなくなり、衛星写真の技術等が発達したため、正確かつ迅速な地図作成が実現しています。

かつてはアナログな紙製のものしかありませんでしたが、今ではデジタルのマップがスマートフォンやパソコン等で簡単に使えます。

エキサイトニュースの基礎知識をご説明をしたいと思います。

地名や施設名を打ち込む事で、自動的にその場のマップを表示してくれるアプリケーションやサービスもあり、いわゆるカーナビゲーションのようなツールが、自宅に居ながら簡単に活用出来ます。



今までは見知らぬ土地に出かける際は、前もって旅行用のマップやガイドブックを買うしかありませんでしたが、今ではいきなり現地に出掛け、臨機応変に手元のスマートフォンを活用し、地図をリアルタイムで調べられます。